永らく更新しておりませんでした。

おかげさまで色々と盛り上がっておりまして手一杯でございます

ただ、このブログをご覧になって下さる方もそれなりにいらっしゃる事は忘れておりません。


複雑なのは、ブログから製品に興味を持っていただけるのは純粋に嬉しいのですが、問題は逆ルートなのです。

製品からこのブログへたどり着いてしまわれると、いかに私がショボいかばれてしまうので困るんですね(笑)


ここにいる私は、あくまで「しろうと」として存在したいと思っております。
ブランド名がチラつくと色々と書けない事も出てきてしまうわけで…


まぁ、愚痴はそのへんで…

今回は、ジャンク修理について

ジャンクを修理するのはパズルを解くのに似ていると思います。
楽しいですよね♪

色々と勉強にもなりますし、オススメです!

そこで、私のやり方を紹介します。

①症状を把握する

当たり前ですが、とても大切です。これをしっかりとやる事で、原因を絞っていく事が出来るからです。

電源が入らない
アダプターと電池両方で試しても、LEDも点灯せず、音も出ない。

※トゥルーバイパスの場合は電源が入らなくても基本的にバイパス音は出る



この場合、以外に多いのが「アダプターが違う」というケース

適切なアダプターは何かまず確認しましょう。

これ結構間違い多いんです!

9vでもDC9v・AC9vがありさらにセンタープラスとセンターマイナスがあります。
image

普通はDCジャックの形が違うのですが、中にはそうでないものもあります。

そして、DCとACです。
DCアダプターは、コンセントからの交流(AC)をDC(直流)に変換します。AC-DCアダプターと言います。

ACアダプターはコンセントからの交流を交流のまま流します。AC-ACアダプターと言います。

これが違えば動作しません、しかもそれが原因で壊れる事も多々あります。
純正でないアダプターの時は必ず確認しましょう。


アダプターは合っているのに電源が入らない場合

内部でショートしている可能性があります。
それがBossのアダプター対応だと、簡単に確認する方法があります。
image

アダプターのランプが点滅していたら、+と-がショートしています。
確認したら、危険なのですぐアダプターを外してください。
※かなりレアケースですが、真空管使用の場合しばらくショートした後に普通に通電するものもあります。


ショートが見られたら、内部のDCジャックを目視で確認します。
割れや変形や回転によって、余計なところに接触していないかを確認します。

DCジャックに異常がなければ、次に「逆流保護ダイオード」を確認します。

ダイオードは一方向にしか電流を流さない性質があります。その特性を使って、アダプターを間違った時も回路への逆流を保護するためのダイオードです。
こうなってます。
image

±がただしく接続されている時には何も影響を与えません。
しかし、逆に接続された場合には、電源をショートさせる事で、主回路に逆電流を流さない働きをします。

これが壊れていると、常に±がショートしてしまうんですね。

このダイオードを確認しましょう。

回路図が読めなくてもなんとかなります!

基本的に、DCジャックのすぐそばに配置されることが多いです。
image

1N400型をよく見ますが、
image

こんな感じのもあります。

わからなければ、それっぽいダイオードを全部確認しても、ダイオードなんて大した数はないのでなんとかなります!

確認方法はテスターで導通テストをするか、ダイオードテストモードを使います。

導通テストで±をいれかえても、どちらも導通していたら壊れてます。
ダイオードをいれかえましょう。

その場合、ダイオードは同じものでなくても大丈夫です。
1N400シリーズなどで問題ありません。

極端に言えば…まぁ外しちゃっても大丈夫なんですけどね…。オススメはしません。


そして、電源が入らないので一番多いのが…

DCジャックのハンダ割れによる接触不良!

中でも基板に直でジャックが取り付けてある機種に非常に多いです。
あれね~ほんとは良くないと思うんです。抜き差しの頻度が高いんですから、ちゃんと固定して欲しいです。

確認は、基板裏を見て分かる事もありますが、見た目ではわからない事もあります。
テスターを使うのが確実です。

アダプターに接続し、テスターの電圧測定(電源がDCならDCV)モードで、基板のハンダ面から、赤をDCジャックの+端子に当て、黒を-の端子に当てます。

9v電源なら9vになるはずです。
そして、そこから黒はそのまま、赤で基板のパターンをさかのぼって一番近いパーツまで行き、そのパーツの足(電源側)まで9vが来ているか確認

次に赤はそのままで黒を同様にさかのぼらせます。これも電圧の変化は無いのが正常です。

これで、異常があればとりあえずDCジャックのハンダを付け直しましょう。



今回はここまで





まだ大した内容ではありませんが、これだけの事で直ったジャンクは少なからずあります。
お試しあれ🎵


つづく…と思う。